サービスを利用した短期間で行うマイグレーション

近年、サポート期間が終わり、システム上の脆弱性が修正されることがなくなったOSを使い続けている企業が問題となっています。

サポートの終わったOSは、ハッカーにとって非常にハッキングが行いやすく情報を盗み出しやすいために、使い続けることは情報漏洩のリスクが非常に高くなるといえます。


そのために会社全体のコンピュータに搭載されているOSを一斉に新しいものに切り替えるマイグレーションの重要性が高まっているのです。
しかしながら、一部の企業においてマイグレーションが敷居の高いものとなってしまっているケースもあります。

その企業独特の管理ソフトウェアなどを用いている場合、新たなOS上でもそのソフトウェアが動作するかといった問題が浮上します。

マイグレーションの情報といえばココです。

また、そのようなケースでなくともマイグレーションには非常に多くのコストがかかるだけでなく、入れ替えの期間中は業務が行えないといったデメリットがあります。
また、年配層においては新たな操作方法に戸惑うといったケースもあります。


そのため、マイグレーションをスムーズに行うためのサービスを提供している会社が現在増えつつあります。



このサービスでは、会社全体のコンピュータに搭載されているOSを入れ替えるだけでなく、既存のソフトウェアの互換性を検証したり、データの引継ぎなどを行ってくれるものもあります。

OKWave情報探しのサポートをいたします。

また、年配層に対して新たなシステムの操作方法の簡易的な説明といったサービスがつく場合もあるのです。