システムマイグレーションの物理サーバ廃止案件

システムマイグレーションではコスト削減と人員確保の2つの問題を解決しようと検討されるケースが増えています。

社内システムを構築する際、クラウドがまだ使えなかった時には多くの企業で自社内にサーバを持ち、また、開発要員も雇うケースが多かったのですが、アプリケーションの高度化に伴ってアプリケションを外部に委託する、もしくは、クラウドのサービスへ移行する企業が増えています。これは開発に利用した言語が古くなり、現在では開発人員がうまく集められないなどの問題ががあるからです。



また、コスト面でも自社ですべてを行なうには不利な面が増えています。
システムマイグレーションで旧社内システムをクラウドへ移行するには2つの方法があります。


1つはVPNなどでクラウド内のサーバと接続することで現アプリケーションをクラウド内の仮想サーバで動かすことです。
アプリケーションは仮想化されるのでサーバが古くなることは無く、最新のハードウエアで使い続けられます。

システムマイグレーションの知りたかった情報がきっと見つかります。

ただし、サーバの管理費などはかかり続けます。
2つ目はシステムマイグレーションでアプリケーションをクラウドサービスにきりかえることです。クラウドサービスの中にはサーバを貸し出すのではなく、アプリケーション自体を貸し出すサービスもあります。
このようなサービスは社内システムにも利用できるオプションとカスタマイズ機能が用意されていることが多く、会社ごとに独自機能をカスタマイズして利用できます。

wikipediaについて親身になってアドバイスいたします。