vbマイグレーションのヒアリング

vbマイグレーションでは開発環境や稼働環境などをヒアリングすることが多いです。

特に社内でvbマイグレーションしない場合、予算を決める際に行なわれることが多いようです。
vbマイグレーションのためのヒアリングは主に開発者サイドと利用者サイドで分かれて行われることが多いようです。


開発者サイドで行なわれる項目としては開発に利用したVisualBasicのバージョン、利用したいバージョン、OSです。



業務アプリケーションの中には他社で販売されているライブラリを利用しているケースもあり、vbマイグレーションした際に利用できるかの調査も追加されるケースもあります。

OKWaveのお得情報を用意いたしました。

また、保守体制についても聞き取りが行なわれます。

vbマイグレーションの情報をお知らせします。

予算の作成段階で保守を自社で行わないと決めるケースもありますが、自社で行なう場合にはどの程度まで開発を行なうかなどもヒアリングで大体決められていきます。

利用者サイドのヒアリングでは主に使い勝手、UI、外部メディアの利用などが調査されます。

使い勝手やUIについてはvbマイグレーション後には一新されるケースが多いですが、中には見た目は変えずに移行するケースも多いようです。

その場合、使い勝手の改良よりも教育のコストを重視するようです。

また、保存メディアについてハードディスクやMOなどが利用されているケースがありますが、USBメモリの利用にするのか、クラウド対応するかなど、時代に合わせて調達しやすいメディアの利用が可能かも調査されます。