レア言語からのシステムマイグレーション

汎用機やオフコンを採用して業務アプリケーションを作成した企業が多数ありますが、Windowsが全盛となっている今、オフコンや汎用機は保守が難しく、また、利用している言語も古すぎて開発者が確保出来ないという問題が出ています。

システムマイグレーションはこのような問題を解決するため、さまざまなツールを用意して対応します。

あなたにぴったりのweblio辞典情報探しに特化した総合サイトです。

オフコンなどからの移行についてはまずWindowsなどで動くエミュレーター環境でアプリケーションが動くかをチェックされます。

動作が問題無いようであれば万が一のハードウエア障害で直せない場合でも対応できます。

システムマイグレーションの新しい情報です。

ハードウエアの更新が難しい場合にはエミュレーター稼働を保険にして言語レベルからのアプリケーション書き換えが行なわれます。

システムマイグレーションでは古い言語で書かれているアプリケーションは、ツールを利用して言語レベルで書き換えを行います。

COBOL、PL/Iなど業務アプリケーション用の言語はフレームワークやハードウエアとセットで提供されるケースが多いです。しかし、専用言語の場合は他のOSで稼働させられないことが多いのでシステムマイグレーションでは最新の汎用言語で書き換えを行います。

書き換えにはツールを利用しますが、ライブラリが独自に作成されているケースも多く手作業での書き換えとなることが多いようです。システムマイグレーションで古い業務アプリケーションが書き換えられる際には、利用者からの意見も踏まえて行なわれる事が多く、コスト削減と共に利用者にとっても利点が多いです。